医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ医療事務の求人情報も掲載
医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあと〜初心者向け医療事務講座

医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあと〜医療事務講座
手術当日に算定できない処置について

医療事務の初心者が「手術当日に算定できない処置」のについて悩むポイントを解説しています。
医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあとHOME医療事務講座インデックス≫手術当日に算定できない処置
スポンサード リンク

手術当日に算定できない処置について

手術の通則に、以下の内容があります。
手術当日に,手術に関連して行う処置(ギプスを除く。)の費用及び注射の手技料は,術前,術後にかかわらず算定できない。
と記載されていますが、これが初心者および実務中でも結構悩むポイントです。

まず算定できるかどうかの基準は、
「手術を行うにあたって、その処置が行されることを予定されているかどうか」で考えてください。
  • 手術を実施するため(前)に行われる術前処置
  • 手術中に手術に伴い行われる術中処置
  • 手術後に術後の管理のために引き続き行われる術後処置
以上は、手術に関連して行われる処置として算定できないと解釈されます。
手術に関連して行われる処置の主な例
術前処置
高圧浣腸、留置カテーテルなど
術中処置
硬膜外麻酔時の酸素吸入、手術に伴うドレーン設置など
術後処置
酸素吸入、人工呼吸器使用など
手術当日でも算定できる処置
逆に「手術する前には行う予定がなかった処置」は、手術当日でも算定できます。
手術後の容態の急変によって行われた処置(心臓マッサージなど)が、これに該当します。
処置料を算定できない場合の、薬剤料は?
では、手術に伴って行われた処置において、使用した薬剤料や特定保険医療材料についても算定できないのでしょうか??

これも、初心者からよく受ける質問です。
処置において、「使用した薬剤料や特定保険医療材料については別に算定できる」と解釈されています。

したがって薬剤に関しては、1回に使用した薬剤の総薬価が15円を超える場合は算定できますし(※外皮用殺菌剤・外皮用消毒剤に係る薬剤は手術の所定点数に含まれますので算定できません)、特定保険医療材料についても、カテーテル等の算定要件である「24時間以上体内に留置した場合に算定できる」などの条件をクリアしていれば、算定可能です。
療事務関連本 売り上げベスト3
今日の治療薬(2007年版)
診療報酬請求事務早引きQ&A 1085問改訂版
プロのレセプト・チェック技術(2007年版)
■ 処置
1日に複数回、同じ処置をした場合
腰部固定帯加算について
在宅療養指導管理料を算定している場合、算定できない処置一覧
爪甲除去について
鶏眼・胼胝処置について
関節穿刺について
死後処置の料金について
メンタ湿布・アクリノール湿布の算定について
導尿と尿道拡張の違い
消炎鎮痛処置とトリガーポイント注射の併算(同時算定)について
創傷処置、こんな時・・・
創傷処置等で皮膚欠損用創傷被覆剤を使用した場合
特定保険医療材料ではないフィルムドレッシング材を使用した場合
睫毛抜去
ギプス料について
副木固定について
処置項目の過去のQ&A
医療事務おすすめ本
医療事務求人情報
その他
▲このページのトップへ戻る 
※当サイトでの情報は、個々の判断によりご活用ください。
当サイトの情報に関する責任は一切負いかねます。
Copyright c 2004- [医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあと〜初心者向け医療事務講座] All rights reserved
医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ医療事務の求人情報も掲載