医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ医療事務の求人情報も掲載
医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあと〜初心者向け医療事務講座

医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあと〜医療事務講座
ビタミン剤の投与について

医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあとHOME医療事務講座インデックス≫ビタミン剤の投与について
スポンサード リンク
ビタミン剤の投与について
ビタミン剤に係る薬剤料が算定できるのは、医師が当該ビタミン剤の投与が有効であると判断し、適正に投与された場合に限るとされています。

つまり、病名(悪性貧血、妊産婦、乳幼児等、ウェルニッケ脳炎、脚気衝心、ビタミンB1欠乏症、末梢神経炎、中枢神経障害、術後腸管麻痺、神経痛、関節痛、筋肉痛など)から、ビタミン剤の投与が必要かつ、有効であると判断されればOK。

ビタミンの需要が増大した時(消耗性疾患、甲状腺機能亢進症、妊娠時、授乳時、肉体的疲労など)や、ビタミンの摂取・吸収が障害されている(下痢、嘔吐、脱水症状、食欲低下、術後衰弱など)と医師が判断した場合でも、病名からビタミン剤投与の必要性が判断できない場合は、レセプトにその投与理由を記載しましょう。
療事務関連本 売り上げベスト3
今日の治療薬(2007年版)
診療報酬請求事務早引きQ&A 1085問改訂版
プロのレセプト・チェック技術(2007年版)
投薬料
院外処方と院内処方を同一日に行った場合について
院外処方箋の有効期限について
院外処方せんについて
同日に2人の医師からそれぞれ処方せんを発行された場合
同日に健康保険と労災で それぞれ処方せんを発行する場合
検査薬剤や在宅薬剤を院外処方せんで処方した場合
処方せん交付後に保険証が変更となった場合
PPI製剤等の使用開始日の記載について
入院患者に対しての院外処方せんの発行
薬剤の1回の処方量について
外用薬の使用回数について
外用薬の1回の使用量について
外用薬の1回の処方量の限度は??
添付文書中の「年齢・症状により適宜増減」とは
先発医薬品と後発医薬品について
内服薬と屯服薬の違い
投与期間が定められている薬剤の長期投薬
特定疾患処方管理加算について
内服薬のカウント方法について
医療事務おすすめ本
医療事務求人情報
その他
▲このページのトップへ戻る  投薬項目の過去のQ&Aを見る
※当サイトでの情報は、個々の判断によりご活用ください。
当サイトの情報に関する責任は一切負いかねます。
Copyright c 2004- [医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあと〜初心者向け医療事務講座] All rights reserved
医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ医療事務の求人情報も掲載