医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ医療事務の求人情報も掲載
医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあと〜初心者向け医療事務講座

医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあと〜医療事務講座
画像診断の「同一部位」について

 このページでは、私が医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座と、医療事務の仕事探しに役立つ医療事務の求人情報をご紹介しています。
医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあとHOME医療事務講座インデックス≫画像診断の「同一部位」について
スポンサード リンク

「同一部位」について

画像診断に関しての「同一部位」とは、部位的に一致する場合はもちろんですが、通常同一フィルム面に撮影できる範囲をいいます。
(例)  腎と尿管
     胸椎下部と腰椎上部 
     食道・胃・十二指腸
     血管系(血管および心臓)
     手関節と手骨
     足関節と足骨
     肘関節と手骨
     膝関節と足骨
     肩関節と肘関節
     股関節と膝関節
     腰椎と股関節
     胸部と肋骨    など
「同一フィルム上に写りえる〜」は判断が難しい?
それぞれの部位に病名があれば、同一フィルム上に写しえるであっても(趾骨と膝疾患など)それぞれ算定は可能な場合は多いです。

「腎と尿管」「胸椎下部と腰椎上部」については、点数本に例として挙げられているので査定される可能性が高いですが、その他に関してはケースバイケースで対応しましょう。

都道府県によって、判断が異なります。
療事務関連本 売り上げベスト3
今日の治療薬(2007年版)
診療報酬請求事務早引きQ&A 1085問改訂版
プロのレセプト・チェック技術(2007年版)
■ 画像診断
対称部位を撮影した場合について
透視診断の算定について
消化管造影撮影(胃透視・注腸検査など)後に下剤を投薬した場合について
デジタル映像化処理加算について
過去のQ&A画像診断
医療事務おすすめ本
医療事務求人情報
その他
▲このページのトップへ戻る
※当サイトでの情報は、個々の判断によりご活用ください。
当サイトの情報に関する責任は一切負いかねます。
Copyright c 2004- [医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあと〜初心者向け医療事務講座] All rights reserved
医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ医療事務の求人情報も掲載