MENU

CT・MRIの撮影

脳出血の患者のCT・MRIに関して、被殻出血、右視床出血のように比較的細かい病名を付けた場合と、単に脳出血と病名を付けた場合とでは査定を受けるリスクに違いがあるのでしょうか?それとも単に実日数と実施回数でしか変わってこないのでしょうか?

ご存じの方いらっしゃいましたら教えてください。傾向のような情報でも嬉しいです。
自分の勤めてる病院がある県の医師会の五者会談の結果で、急性期では脳出血で4回、脳梗塞で3回までは認めるという通知があるのですが、時々その回数内であっても査定を受けます。

確かに具体的な病名をつけたほうが審査上ではわかりやすいでしょう。

審査される先生方も間違いなくお医者さんのはずですから、それも専門の内科医に脳外の診療は出来ないでしょうから。
病名で足りない分は症状詳記をつけることをお勧めします。
「審査」はあくまでもレセプトという紙面上の判断しか出来ませんので、細かいことを伝えたいのであれば不可欠と思います。
回数は病名開始日や、治療行為等によって変わってきますので、また県などによっても多少異なるようですので、一概には言えません。
やはり詳記をつけるのが、一番審査側に伝わるのではないでしょうか?
(回答者 ヒロピーさん)

 

被殻出血、視床出血のように比較的細かい病名を付けて症状詳記も医師に書いてもらっています。急性期にあっても例えばその月の入院実日数が10日程であった場合、CT・MRI合わせて何回くらいが保険者に認めてもらえる限界でしょうか?

また、CT・MRIが多いために「脳出血再発の疑い」、「水頭症の疑い」など病名を付けたところで効果は薄いのでしょうか?

前にも言ったように一概に○回とは言えません。

しかし、CTとMRIは映る内容が異なりますので、少なくともそれぞれ1回づつは認められると考えますが・・・?聞いた話ですが、県によって入院では4〜5回(全日入院で)、外来では診療回数問わず、各1回づつまでとか?

 

>CT・MRIが多いために「脳出血再発の疑い」、「水頭症の疑い」など病名を付け>たところで効果は薄いのでしょうか?
やはり病名をつければいいということではないと思いますし、病名はつけるものではなく、実際に診察した結果だと思っていますので、検査を通してもらうためにつけた病名は審査側にもばればれのところがありますよ。
そのためにも、コメントを記載して認めてもらうようがんばりましょう!
(回答者 ヒロピーさん)

 

同一日に頭部と腹部を同時にCT検査をした場合、病名が脳腫瘍疑いと肝がん疑いがそれぞれついていれば、どちらも算定可能ですか?

それとも、それそれ部位が違う病名がついていてもどちらか1つのみの算定になりますか?
(2012/7/7(土)のご質問)

 

当院では1回の診察で2部位以上でまとめて撮影した場合は撮影料を一連のものとして考え1回しか算定しておりません。しかし、同日再診での撮影では別で算定しております。

いまのところはこれによる査定は来ておりません。ご参考まで
(回答者 ゆうさん)

 

同日に2部位の撮影を行った場合のMRIの算定についてご教示ください。

 当院では、撮影室から退出せずに行った撮影については、一連と考えられると思い1回のみ算定しています。
一度撮影室から退出し、再度撮影依頼があった場合は各々(2回目は低減)で算定しています。
 オープン検査依頼などで頸椎と腰椎など、2部位のMRI検査の依頼が多くあるため、同日に行うと1回の算定になるので苦慮しております。
 この場合、2回とも算定を行うことは可能なのでしょうか。また、健康保険は難しいけど自賠責などへの請求は可能という事を言われる方もいらっしゃいました。
(2013/6/18のご質問)

ご質問者さまの算定方法で間違いないと思われます。

 

当院でも同時2部位施行依頼の場合は別々の日に来てもらってコストを算定できるように工夫していますね。
とくにMRIはCTと違い、別部位(頭部MRI+MRAを除く)を施行する際にはコイル交換など技師の手間も多く時間もかかりますので2回分算定できるように注意しています。

 

事故は健保が基準といえど基本自費診療です。当院は健保併用ならともかく自費請求の場合はグレーゾーンは強気で算定しています。

 

あくまでご参考まで

 

レントゲンをとったあと、同部位をMRIで撮影した場合、MRIは低減された2回目以降の点数ですか?パソコンでは自動的に低減された点数で取り込まれてきたのですが
単純撮影とコンピュータ断層撮影では減算されないです。

入外の記載がないですが、仮に入院がありコンピュータ断層撮影を行っていれば「月に2回目以降は減算」となる為、後に撮影した外来は減算されます。
(回答者 ひまわりさん)

スポンサード リンク

CT・MRIの同日撮影

同一日に撮影をした場合どちらも算定可能なのでしょうか

@頭部CTと頸部MRI
A頭部CTと腰椎MRI
B腰椎CTと腰椎MRI

@部位が違うので病名さえしっかりしていれば大丈夫です

A同上
B部位が同じですが医学的にCTでわからなければMRIで精査する
ような病名なら問題ありません
(回答者 ゆうさん)

 

救急で脳神経外科受診の患者さんがMRIとCTを撮り、すべて診察が終わり

その日は帰宅となりました。
計算の際に実施されたMRIとCTが算定項目として取り込まれて来たのですが。
今の病院ではMRIとCTは併施算定可能と言われたのですが。
以前の病院では、MRIとCTは同時に算定は不可で、点数の高い方のMRIのみが算定可能と言われてました。
どちらが実際正しいのでしょうか?

MRIとCT同日に算定できます。

但し、なぜ両方施行したのかの理由が必須になります。
当院では同日算定で計算してますが、今のところ返戻はありません。
(回答者 123さん)

スポンサード リンク
医療事務作業補助者 レセプトチェック講座

CT・MRIの撮影関連ページ

同一部位
同一部位に関する医療事務解説ページ。医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ情報サイト
休日当番医に当たった時の時間外緊急院内画像診断
休日当番医に当たった時の時間外緊急院内画像診断に関する医療事務解説ページ。医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ情報サイト
整復前後のレントゲン確認
整復前後のレントゲン確認に関する医療事務解説ページ。医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ情報サイト
対称部位を撮影した場合
対称部位を撮影した場合に関する医療事務解説ページ。医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ情報サイト
関節リウマチでレントゲンを撮った時の病名
関節リウマチでレントゲンを撮った時の病名に関する医療事務解説ページ。医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ情報サイト
透視診断の算定
透視診断の算定に関する医療事務解説ページ。医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ情報サイト
消化管造影撮影(胃透視・注腸検査など)後に下剤を投薬した場合
消化管造影撮影(胃透視・注腸検査など)後に下剤を投薬した場合に関する医療事務解説ページ。医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ情報サイト
電子媒体保存撮影
電子媒体保存撮影に関する医療事務解説ページ。医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ情報サイト
コンピューター断層撮影の撮影料(CT断層撮影)
コンピューター断層撮影の撮影料(CT断層撮影)に関する医療事務解説ページ。医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ情報サイト
他院で撮影されたレントゲンフィルムの診断
他院で撮影されたレントゲンフィルムの診断に関する医療事務解説ページ。医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ情報サイト
他院にてCT撮影
他院にてCT撮影に関する医療事務解説ページ。医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ情報サイト
CT判断料
CT判断料に関する医療事務解説ページ。医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ情報サイト
DIC-CT(点滴静注胆のう造影)
DIC-CT(点滴静注胆のう造影)に関する医療事務解説ページ。医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ情報サイト
照射録
照射録に関する医療事務解説ページ。医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ情報サイト