医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ医療事務の求人情報も掲載
医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあと〜初心者向け医療事務講座

医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあと〜医療事務講座【医療事務間違い集】
(注射料〜労災)

医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあとHOME≫医療事務間違い集(注射料〜労災)
スポンサード リンク
このページでは、
今まで犯してきた間違い&勘違いを
(恥ずかしながら)披露させていただきます。
コード 内容
処置 鶏眼の病名しかないレセプトで、初診の日に「鶏眼胼胝処置」を算定し、再診時に外来加算を算定いたら、外来加算を減点された。
「鶏眼胼胝処置」に2回目の処置代が含まれていることをしりませんでした・・・・。
手術 トリガーポイントブロックを、部位違いで同日に2回算定してしまった。トリガーポイントブロックは部位にかかわらず、1日1回しか算定できないことを見逃していた。
ちなみに、トリガーポイントブロックと神経ブロックを同日に別疾病・別部位に行った場合は、神経ブロックのみの算定です。(使用薬剤はすべてとれる)
検査 「前立腺肥大症」の病名でPSA精密測定(腫瘍マーカー)を算定したら減点された。
※「前立腺癌の疑い」の病名がなければ算定出来ない。
検査 胃カメラ実施時に行ったHBs抗原の検査で、HBs抗原精密で算定したらただのHBs抗原に減点された。確かに精密検査ではとりすぎだと思った。
検査 大腸ファイバー実施時に検体を採取、病理検査を行ったがD414 「内視鏡下生検法」を算定し忘れていた。
 同じく、大腸ファイバー実施時の病理検査で下行結腸とS字結腸それぞれから検体を採取したが、下行結腸とS字結腸それぞれで、D101 病理組織顕微鏡検査とD414 「内視鏡下生検法」がとれることを知らなかった・・・。
検査 <超音波検査について>
初診日に断層撮影法(胸腹部)を実施、別の日に断層撮影法(その他・ちなみに体表でした)を算定。この場合、2回目の断層撮影法が、たとえ部位違いでも減点になることを知りませんでした。
総括 月の途中で保険証が変わったので、はりきって2枚にレセプトを分けて請求したら、2枚とも同じ「保険者番号」の保険証だったので、変更後の記号番号で1枚のレセプトでの請求でよかった。  返戻されたレセプトを合わせる作業は、とてつもなく辛く、むなしかった・・・。
労災 手(手関節以下)及び手の指の創傷に係る創傷処理、デブリートマン、皮膚切開術、筋骨格系・四肢・体幹の手術を行った場合に算定できる「機能回復指導加算」を、よく取り忘れる.。

医療事務おすすめ本
医療事務求人情報
その他
▲このページのトップへ戻る   間違い集(初診料〜処方料)へ
※当サイトでの情報は、個々の判断によりご活用ください。
当サイトの情報に関する責任は一切負いかねます。
Copyright c 2004- [医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあと〜初心者向け医療事務講座] All rights reserved
医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ医療事務の求人情報も掲載