医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ医療事務の求人情報も掲載
医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあと〜初心者向け医療事務講座

医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあと
〜医療事務講座 
特定疾患療養管理料について

 このページでは、私が医療事務を勉強していて参考になったことをピックアップしてみました。
医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあとHOME医療事務講座インデックス≫特定疾患療養管理料
スポンサード リンク
医療事務おすすめ本
医療事務求人情報
その他
特定疾患療養管理料について
特定疾患療養管理料(旧 特定疾患療養指導料)とは・・
別に厚生労働大臣が定める疾患を主病とする患者に対して、治療計画に基づき、療養上必要な指導(服薬・運動・栄養等)を行った場合に算定できます。(月2回に限る)
※対象疾患に「術後」がついていても対象となります。
※「陳旧性肺結核」も対象疾患として認められています。
初診日に行った指導、又は初診日から1月以内に行った指導の費用は、初診料に含まれます。

第1回目の特定疾患療養管理料は、初診料を算定した日又は、退院の日から起算して1ヶ月を経過した日以降に算定できます。
  (例)4月20日  初診の場合
     5月20日以降(5月20日も含む)算定できます。
 
(注)「特定疾患療養管理料の対象疾患の病名が付いてから1ヶ月経過」ではなく、あくまで「初診料を算定した日又は、退院の日から起算して1ヶ月を経過した日以降に算定できます」
  (例 1) 4月10日  腰痛症
        4月13日  高血圧症    だった場合
        5月10日以降から、特定疾患療養管理料が算定できます。
  (例 2) 4月10日  腰痛症
        5月10日  高血圧症    だった場合
        5月10日から、特定疾患療養管理料が算定できます。

※「1か月を経過した日」が休日にあたる場合、その休日の直前の休日でない日に算定できます。
  (例)4月20日   初診の場合
     5月20日(日曜日)だった場合、
     その前日の5月19日(土曜日)に算定可能

※「1か月を経過した日」が、翌々月の1日となる場合、
初診料を算定した月又は、退院の月の翌月の末日(その日が休日の場合、その前日)に算定できます。

  (例)5月31日   初診の場合
     7月1日が1ケ月を経過した日となりますが、
     6月30日に算定できます

入院患者については、特定疾患療養管理料は算定できません。

入院患者に対して行った指導、又は退院した患者に対して退院の日から1月以内に行った指導の費用は、入院基本料に含まれるため算定できません。
訂正!
以前、「他医療機関で入院された患者さんに対しては、退院後1月を経過していなくても特定疾患療養管理料は算定できる」と掲載していましたが、間違っていました・・・m(_ _)m
他医療機関から退院後1月以内は、算定できないそうです(自医院、他医院を問わず算定できない)。

再診が電話等により行われた場合、算定できません。
患者さんの家族に管理を行った場合は?
通知に「看護に当たっている家族等を通して療養上の管理を行った時においても、特定疾患療養管理料を算定できる」とあります。したがって、患者本人が受診せず家族のみへ管理を行った場合でも算定が可能です。
在宅患者に対しても特定疾患療養管理料は算定できるの?
在宅で療養中の患者さんでも、特定疾患療養管理料を算定できる要件を満たしている場合は算定可能です。ただし、特定疾患療養管理料と併せて算定できない点数(指導管理料等)を算定している場合は算定できません。
(例)在宅時医学総合管理料
   在宅療養指導管理料の各区分に掲げる指導管理料
   (在宅自己注射指導管理料など)
 
よくある質問
30日経過しない場合(2月など日数が少ない月)は、一か月をどのように数えたらいいのでしょうか?
例えば1/31が初診日の場合
本来なら「2/31」が1ヶ月を経過した日、とされます。
しかし2月には31日が存在しません。
この場合、その月の末日から算定可能とされています。
(2月の場合は28日※うるう年の場合は29日)
その末日が「休日」の場合、その休日の直前の休日でない日に管理を行えば、その日に算定することがみとめられています。
特定疾患療養管理料と併せて算定できないもの
ウイルス疾患指導料
小児特定疾患カウンセリング料
小児科療養指導料
てんかん指導料
難病外来指導管理料
皮膚科特定疾患指導管理料
慢性疼痛疾患管理料
小児悪性腫瘍患者指導管理料
全ての在宅療養指導管理料
心身医学療法
心臓ペースメーカー指導管理料
通院精神療法
痴呆患者在宅療養指導管理料
医学(指導)管理料関連ページ
 ├同一月に算定できない指導管理料等の一覧表
 ├ウイルス疾患指導料について
 ├悪性腫瘍特異物質治療管理料について
 ├特定薬剤治療管理料について
 ├慢性疼痛疾患管理料について
 ├小児科外来診療料について
 ├平成18年4月からの診療情報提供料
 ├診療情報提供料(T)が算定できる医療機関以外の情報提供先施設
 ├薬剤情報提供料について
 ├傷病手当金意見書交付料について
 ├無償(無料)で交付しなければならない証明書について
 ├はり、きゅう、あんまに係る療養費の取り扱い
 ├生活習慣病指導管理料について 
 ├ニコチン依存症管理料について(Q&A) 
 └指導管理料の項目の過去のQ&A
▲このページのトップへ戻る
※当サイトでの情報は、個々の判断によりご活用ください。
当サイトの情報に関する責任は一切負いかねます。
Copyright c 2004- [医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあと〜初心者向け医療事務講座] All rights reserved
医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ医療事務の求人情報も掲載