医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ医療事務の求人情報も掲載
医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあと〜初心者向け医療事務講座

医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあと
〜医療事務講座
医療事務質問&解答
検査の前に処方する下剤の請求について

 医療事務サイト掲示板に掲載された内容をQ&A形式でまとめてみました。
医療事務請求の疑問が解決できますように!ぜひ、ご活用ください。
医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあとHOME過去のQ&Aインデックス投薬インデックス≫検査の前に処方する下剤の請求について
スポンサード リンク
医療事務おすすめ本
医療事務求人情報
その他
Q:ファイバースコピー→ポリープ切除術に変更ってありますよね。
その前日に処方せんがあって、薬名の後ろに「(検査前日)」って記載されているんです。
問題集の答えにはなにも書いていないのですが…なにか意味があるんでしょうか?
A:大腸に対する検査やポリープ切除術の場合、手技を行う前に患者さんの腸を空っぽにしておく必要があります。
この場合、前もって患者さんに強力な下剤を渡しておいて、検査を受けられる前に服用してもらいます。

この時の下剤の扱いは「投薬」としてではなく、「検査」に使用する薬剤として扱われます。
(注腸検査の場合は、画像診断になります。注腸検査とは、肛門からバリウムを入れてレントゲンで腸の様子を見る検査です。)
  • 「検査」として扱うということは、処方料、調剤料、処方箋料などは算定できません。
  • 院内処方で下剤を処方した場合は、検査(または画像診断)にあたって使用した薬剤として、レセプトの「検査の部(または画像診断の部)」で算定します。
  • 院内処方で下剤を処方した場合、レセプトには「検査前投薬」とコメントを記載して投薬した日に算定します。
    (勤務先では、検査セットにまとめてありますが・・・)
Q:下剤系や消化機能の改善の薬など複数「Rp」であったのですが、全て「検査」の薬剤として算定すればいいわけですね。(この問は大腸のでした)

それで重ねて質問させていただきたいのですが、その(検査前日)の投薬が院内の薬ではなく「処方箋」だったらどうなるのでしょうか…その時は処方箋料だけでOKで、(検査前日)の記載は特に気にしなくて大丈夫ですか?
ひっかけなのかなんなのか分からなくて…。
検査・画像診断・処置等に使われる薬剤は処方料・調剤料・調剤技術基本料・それに処方箋料は算定できません。
これらが算定できる時は、Sでの投薬時とそれ(S)を院外で処方したときだけになります。
解釈を見ると処置や検査・手術の時の薬剤料というのはそれぞれの部の最後(検査なら第5節)に載っていますよね。処方料等は「投薬の部」の点数ですので、算定できないということになります。
(投稿者 ヒロさん)
検査前(大腸ファイバースコピー及びポリープ切除術)に前処置として処方された下剤は、
大腸ファイバースコピーの場合は検査の部、
(ポリープ切除術の場合は手術の部)、
注腸検査の場合は画像診断の部で算定します。

消化機能の改善の薬が同時に処方されているのであれば、その分は普通に投薬の部で算定し、処方料(処方箋料)および調剤料などをしっかりとって下さい。
(投稿者 ダンゴ)

▲このページのトップへ戻る
※当サイトでの情報は、個々の判断によりご活用ください。
当サイトの情報に関する責任は一切負いかねます。
Copyright c 2004- [医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあと〜初心者向け医療事務講座 ]All rights reserved