医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ医療事務の求人情報も掲載
医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあと〜初心者向け医療事務講座

医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあと〜医療事務講座
投与期間が定められている薬剤の長期投薬について

医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあとHOME医療事務講座インデックス≫投与期間が定められている薬剤の長期投薬
スポンサード リンク
投与期間が定められている薬剤の長期投薬
麻薬、向精神薬、薬価収載1年以内の新薬など、厚生労働大臣が定める内服薬、外用薬ごとに1回14日分、30日分又は90日分を限度とされています。
1回14日分と定められている薬剤の長期投薬について
1回14日分と定められている薬剤であっても
  • 海外への渡航
  • 年末・年始および連休
などの特殊な事情がある場合、必要最低限の範囲においてレセプト摘要欄に理由(「年末年始のため」等)を明記することにより、30日分を限度として投薬することができます。
ただし単に保険医療機関への通院が困難、又は保険医療機関が遠隔地にあるなどの理由での長期投薬は認められません。
※院外処方の場合は、処方箋の備考欄に注記を入れ、レセプト摘要欄への注記は不要です。
※例外として、長期の航海に従事する船員保険の被保険者(本人)への長期投薬は、1回180日分を限度として認められています。またこの場合、レセプト及び処方せんへの理由記載の必要はありません。
1回14日分と定められている薬剤を月3回処方してもOK?
1回14日分と定められている薬剤の規定は、あくまでも「1回の処方の上限」です。月3回の診察があり、それぞれ14日分ずつ処方したのであれば、そのまま算定できます。ただし、次月分の投与量には気をつけましょう。
長期投与可能となった薬剤
【内服薬】
トリアゾラム、酒石酸ゾルピデム、ロルメタゼパム、ブロチゾラム、フルニトラゼパム、エスタゾラム、ニメタゼパム、クアゼパム、塩酸フルラゼパム、ハロキサゾラム、塩酸モルヒネ、硫酸モルヒネ、塩酸オキシコドン、塩酸オキシコドン水和物
【外用薬】
塩酸モルヒネ、フェンタニル
トリアゾラムの製品
ハルシオン0.125mg錠
ハルラック錠0.125mg
トリアゾラム錠0.125mg「EMEC」
パルレオン錠0.125mg
ハルシオン0.25mg錠
アサシオン0.25mg錠
アスコマーナ錠0.25
カムリトン0.25mg錠
トリアラム錠0.25mg
ネスゲン錠「0.25」0.25mg
ハルラック錠0.25mg
パルレオン錠0.25mg
トリアゾラム錠0.25mg「TSU」
ミンザイン錠0.25mg
トリアラム錠0.25mg
酒石酸ゾルピデムの製品
マイスリー錠5mg
マイスリー錠10mg
ロルメタゼパムの製品
エバミール錠1.0
ロラメット錠1.0
ブロチゾラムの製品
グッドミン錠0.25mg
シンベラミン錠0.25mg
ソレントミン錠0.25mg
ノクスタール錠0.25mg
ユリモラン錠0.25mg
レドルパー錠0.25mg
レンデム錠0.25mg
ロンフルマン錠0.25mg
アムネゾン錠0.25mg
ネストローム錠0.25mg
ブロゾーム錠0.25mg
ブロチゾラン錠0.25mg
ブロチゾラムM錠0.25「EMEC」0.25mg
ブロチゾラム錠0.25mg「YD」
ブロメトン錠0.25mg
ゼストロミン錠0.25mg
レンドルミン錠0.25mg
ネストローム錠0.25mg
ソレントミン錠0.25mg
ブロゾーム錠0.25mg
レンデム錠0.25mg
レンドルミンD錠0.25mg
シンベラミンD錠0.25mg
フルニトラゼパムの製品
サイレース錠1mg
ロヒプノール錠1
ビビットエース錠1mg
フルトラース錠1mg
フルニトラゼパム錠1mg「アメル」
サイレース錠2mg
ロヒプノール錠2
フルニトラゼパム錠2mg「アメル」
ビビットエース錠2mg
エスタゾラムの製品
ユーロジン散1%
ユーロジン1mg錠
エスタゾラム錠1mg「アメル」
ユーロジン2mg錠
エスタゾラム錠2mg「アメル」
ニメタゼパムの製品
エリミン錠3
エリミン錠5
クアゼパムの製品
ドラール錠15
クアゼパム錠15mg「MNP」
クアゼパム錠15mg「YD」
クアゼパム錠15mg「アメル」
クアゼパム錠15mg「トーワ」
クアゼパム錠15mg「日医工」
ドラール錠20
クアゼパム錠20mg「MNP」
クアゼパム錠20mg「YD」
クアゼパム錠20mg「トーワ」
フルラゼパム塩酸塩の製品
ベノジールカプセル10
ダルメートカプセル15
ネルガート15
ベノジールカプセル15
ハロキサゾラムの製品
ソメリン細粒1%
ソメリン錠5mg
ソメリン錠10mg
モルヒネ 塩酸塩水和物(末・錠)の製品
塩酸モルヒネ錠10mg
塩酸モルヒネ錠「マルピー」10mg
塩酸モルヒネ「シオノギ」
塩酸モルヒネ「三共」
塩酸モルヒネ
硫酸モルヒネの製品
モルペス細粒2%
モルペス細粒6%
カディアンスティック粒30mg
カディアンスティック粒60mg
カディアンスティック粒120mg
ピーガード錠20mg
ピーガード錠30mg
ピーガード錠60mg
ピーガード錠120mg
MSコンチン錠10mg
MSコンチン錠30mg
MSコンチン錠60mg
カディアンカプセル20mg
カディアンカプセル30mg
カディアンカプセル60mg
MSツワイスロンカプセル10mg
MSツワイスロンカプセル30mg
MSツワイスロンカプセル60mg
オキシコドン塩酸塩の製品
オキノーム散0.5%
オキシコンチン錠5mg
オキシコンチン錠10mg
オキシコンチン錠20mg
オキシコンチン錠40mg
塩酸モルヒネ(坐)の製品
アンペック坐剤10mg
アンペック坐剤20mg
アンペック坐剤30mg
フェンタニル(貼)の製品
デュロテップパッチ2.5mg
デュロテップパッチ5mg
デュロテップパッチ7.5mg
デュロテップパッチ10mg
療事務関連本 売り上げベスト3
今日の治療薬(2007年版)
診療報酬請求事務早引きQ&A 1085問改訂版
プロのレセプト・チェック技術(2007年版)
投薬料
院外処方と院内処方を同一日に行った場合について
院外処方箋の有効期限について
院外処方せんについて
同日に2人の医師からそれぞれ処方せんを発行された場合
同日に健康保険と労災で それぞれ処方せんを発行する場合
検査薬剤や在宅薬剤を院外処方せんで処方した場合
処方せん交付後に保険証が変更となった場合
PPI製剤等の使用開始日の記載について
入院患者に対しての院外処方せんの発行
薬剤の1回の処方量について
外用薬の使用回数について
外用薬の1回の使用量について
外用薬の1回の処方量の限度は??
添付文書中の「年齢・症状により適宜増減」とは
先発医薬品と後発医薬品について
内服薬と屯服薬の違い
ビタミン剤の投与について
特定疾患処方管理加算について
内服薬のカウント方法について
医療事務おすすめ本
医療事務求人情報
その他
▲このページのトップへ戻る  投薬項目の過去のQ&Aを見る
※当サイトでの情報は、個々の判断によりご活用ください。
当サイトの情報に関する責任は一切負いかねます。
Copyright c 2004- [医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあと〜初心者向け医療事務講座] All rights reserved
医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ医療事務の求人情報も掲載