医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ医療事務の求人情報も掲載
医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあと〜初心者向け医療事務講座

医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあと〜医療事務講座
薬剤の1回の処方量について

 このページでは、私が医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座と、医療事務の仕事探しに役立つ医療事務の求人情報をご紹介しています。
医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあとHOME医療事務講座インデックス≫薬剤の1回の処方量について
スポンサード リンク

外用薬の使用回数について

外用薬の添付文書によく「1日数回使用」と、記載されてますよね?
「これって何回ぐらい?」と悩みませんか?
1日の使用量の上限が定められている場合を除いて、通常5〜6回ぐらいとされています。

また、「一日1回の貼り替え」とされている湿布薬を頻繁に出していると、査定される可能性が高いです。(管理人、経験あり)

外用薬の1回の使用量について

外用薬は内服薬と違い、1回の使用量が違う場合があります。
皮膚に塗る軟膏薬や、整形外科的傷病に対する貼り薬などの外用薬は「患部の大きさや、使用する範囲」によって使用量が違います。

請求した外用薬の量を査定されないためには
「皮膚に対して薬剤を処方する場合、レセプトの病名に部位を必ず記載する」ことを忘れずに!!

外用薬の1回の処方量の限度は??

これが難しい・・・

療養担当規則(第20条)により「投薬量は、予見できる必要期間に従ったものでなければならない」とされています。
症状の変化、薬の効果、副作用などが予見される場合、それらを考慮する投薬量でなくてはいけません。

しかし、現場ではそうは言っていられません。
患者さんからは「できるだけ多めに・・・」と言われることも多いですよね。
もう、審査側との「腹の探りあい」になってきます。(都道府県によっても異なると思います)
「この点眼薬なら○本まで通る」など、ちょこっとメモをとりましょう。

また、調剤薬局の薬剤師さんに聞くのも手です。
私たちが知らない「投薬に関する情報」を、よく持っています。

また、長期の投薬が不適切になされた具体事例(査定された)例が事務連絡としてあります。
事例1 経皮吸収型消炎鎮痛貼付剤を140枚処方
医学的必要性を踏まえつつ、症状の経過に応じ処方すべき(→査定)
事例2 不整脈用薬を90日分処方
症状の経過及び副作用等の状況に応じ処方すべき(→査定)
事例3 腫瘍用剤を56日分処方
症状の経過及び副作用等の状況に応じ処方すべき(→査定)
よくある質問
腰痛の患者さんが、モ−ラステ−プを毎週7パック希望される方がいらっしゃいます。湿布剤はあまり多く出せないと聞いたことがあるのですが・・・
査定の対象となる可能性が高いと思います。
(私の勤務先もモーラステープで査定をされた経験あり)

モ−ラステ−プの用法は「1日1回患部に貼付する」となっています。
腰痛となると「1回2枚、多くても4枚」を使用すると考えて、
4枚×7日間で28枚(4パック)が1週間の使用量と計算します。
1ヶ月5週あったとして、4パック×5=20パック(140枚)が限界・・・と考えます。

しかし、査定の事例として
「経皮吸収型消炎鎮痛貼付剤を140枚処方」に対し「医学的必要性を踏まえつつ、症状の経過に応じ処方すべき(→査定) 」
と例示されていますので、140枚でもかなりアブナイです!!

患者様に、あまり多く処方すると健康保険側から指導を受ける旨をお伝えし、
「1日1回以上の張替えをしていないか」
「腰以外に貼っていないか」等の確認をとって下さい。

「1日2〜3回張り替えてる」→1日1回にしてもらう
「腰以外にも使用している」→貼っている部位も診察してもらい、傷病名を追加する。
「家族も使用している」→ご家族にも診察を受けてもらい、各自処方を受けてもらう。
など、対応が必要だと思います。

添付文書中の「年齢・症状により適宜増減」とは

添付文書中によく記載されている「年齢・症状により適宜増減」・・・。
どう考えればいいのでしょう?
一般的に
  • 小児については、体重に応じた投与量
  • 高齢者や肝・腎障害者などについては減量する。(高齢者は代謝機能の低下により、薬剤の蓄積がみられることがあるため、個体差に配慮し、適切な投与量を!)
  • 増量は、おおむね常用量の2倍程度が限界(個々の薬剤に相違がある)
と考えられています。

特に増量をする場合、注意が必要です。
1回の常用量を超える量の薬剤を投薬した場合、レセプトの摘要欄に「増量を必要とした理由等」の記載が必要です。

また、全ての薬剤に「年齢・症状により適宜増減」が認められているわけではありません!!
「年齢、症状、疾患により適宜増減するが、1日○mgを超えないこととする。」とされている薬剤もありますので、注意が必要です。
療事務関連本 売り上げベスト3
今日の治療薬(2007年版)
診療報酬請求事務早引きQ&A 1085問改訂版
プロのレセプト・チェック技術(2007年版)
投薬料
院外処方と院内処方を同一日に行った場合について
院外処方箋の有効期限について
院外処方せんについて
同日に2人の医師からそれぞれ処方せんを発行された場合
同日に健康保険と労災で それぞれ処方せんを発行する場合
検査薬剤や在宅薬剤を院外処方せんで処方した場合
処方せん交付後に保険証が変更となった場合
PPI製剤等の使用開始日の記載について
入院患者に対しての院外処方せんの発行
先発医薬品と後発医薬品について
内服薬と屯服薬の違い
ビタミン剤の投与について
投与期間が定められている薬剤の長期投薬
特定疾患処方管理加算について
内服薬のカウント方法について
医療事務おすすめ本
医療事務求人情報
その他
▲このページのトップへ戻る  投薬項目の過去のQ&Aを見る
※当サイトでの情報は、個々の判断によりご活用ください。
当サイトの情報に関する責任は一切負いかねます。
Copyright c 2004- [医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあと〜初心者向け医療事務講座] All rights reserved
医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ医療事務の求人情報も掲載