医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ医療事務の求人情報も掲載
医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあと〜初心者向け医療事務講座

医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあと〜医療事務講座
内視鏡検査における注意事項(胃カメラ、大腸ファイバー)について

医療事務の初心者が「」について悩むポイントを解説しています。
医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあとHOME医療事務講座インデックス≫内視鏡検査における注意事項(胃カメラ、大腸ファイバー)
スポンサード リンク
病理組織等を採取した場合
病理組織やピロリ菌検査に必要な検体をを採取した場合、「D414 内視鏡下生検法」が算定できます。

レセプトを点検する場合、以下のような間違えがないか確認しましょう!
(誤) 胃・十二指腸ファイバースコピー ○点×1
フィルム・薬剤等 ○点×1
病理組織顕微鏡検査 ○点×1
(検査判断料省略)

病理検査に必要な組織を採取する「採取料」である、「内視鏡下生検法」の請求がされていません。
(正) 胃・十二指腸ファイバースコピー ○点×1
内視鏡下生検法 ○点×1
フィルム・薬剤等 ○点×1
病理組織顕微鏡検査 ○点×1
(検査判断料省略)

同様にピロリ菌検査時に行われる「迅速ウレアーゼ試験」、「細菌培養同定検査等(消化管からの検体)」についても、内視鏡下生検法を算定できます。
ポリープを切除した場合の検体採取料
では、胃ポリープ、結腸・大腸ポリープを切除した場合の採取料はどうでしょう?

胃ポリープ、結腸・大腸ポリープを切除する場合、「K653 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術」や「K721 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術」「K721-2 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術」での請求となります。

診断穿刺・検体採取料の通則に、「手術に当たって診断穿刺又は検体採取を行った場合は算定しない」とあります。

したがって、ポリペクトミーを行った場合、内視鏡下生検法の算定はできません。
フィルム料の請求をお忘れなく
内視鏡検査の通則に「写真診断を行った場合は,使用したフィルムの費用として,購入価格を10円で除して得た点数を加算する。」とあります。

勤務先での失敗談なのですが、胃カメラの入力する際、手間を省くために「セット検査」として使用薬剤等を組み込んでいます。その中にフィルム料を入力し忘れており、請求をし忘れていた・・・という経験があります。皆様もご注意下さい!
ただしDPC導入施設では・・
DPC導入施設で内視鏡検査を施行した場合、内視鏡フィルムの請求は不可だそうです!
厚生労働省保険局医療課から2003年4月30日付けで出ている疑義解釈に

(問)医科点数表の「検査(内視鏡検査)」については、写真診断を行った場合は使用フィルム代を10円で除して得た点数を加算して算定するが、本加算点数を別に医科点数表に基づき算定することができるか。
(答)算定することができない。
(ぴよさんからの情報を抜粋)
胃カメラ検査の算定時に気をつける点
以前 「新しく胃カメラを導入するのですが、胃カメラ検査の算定時に気をつける点はありますか?」と、質問がありました。そういった方に簡単な注意点を掲載しておきます。
胃カメラ検査の算定時に気をつける点
  • 前処置で使用した薬剤(キシロカインスプレーやキシロカインゼリー等)を、忘れず検査の項目で算定する。
  • 前処置の際にブスコパン等の注射を使用するかと思いますが、その薬剤も検査の項目で算定する。(もちろん注射手技料は検査費用に含まれ算定できません)
  • 胃カメラの際、写真を撮影し診断を行った場合、使用したフィルム代を10円で除して得た点数を加算して算定できます。
  • 生検用ファイバスコピーを使用して組織の採取を行った場合は、採取した組織の個数にかかわらず、1回の内視鏡検査について、検体採取料として内視鏡生検法(1臓器につき300点)が算定できます。(その際の病理組織検査の請求もできます)
  • ポリープを切除した場合は、手術料のK653 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術での請求となります。その際(ポリペクトミー)では手術の部の請求となりますので、検体採取料は算定できません。また手術での扱いとなるため、内視鏡のフィルム代は算定できません。
大腸ファイバーの逓減にご注意
内視鏡検査の通則に
D313」大腸ファイバースコピーの「1」から「3」については,同一の検査として扱う。
とあります。

気をつけなくてはいけないのが、同一月の異なる診療日に大腸ファイバースコピーを行った時です。
例えば4/1に大腸ファイバースコピー「3」上行結腸及び盲腸を実施。4/10にも同じ大腸ファイバースコピー「3」上行結腸及び盲腸を実施した場合、大抵のレセコンが2回目の大腸ファイバースコピー「3」上行結腸及び盲腸に対して90/100の点数で算定してくれると思います。

しかし、4/1に大腸ファイバースコピー「3」上行結腸及び盲腸を実施。4/10に大腸ファイバースコピー「1」S状結腸を実施した場合、勤務先のレセコンでは2回目の大腸ファイバースコピーの点数が「そのまま」」で算定してしまいます。
この場合、4/10に行った大腸ファイバースコピー「1」S状結腸の点数が、90/100となりますのでご注意ください。
療事務関連本 売り上げベスト3
今日の治療薬(2007年版)
診療報酬請求事務早引きQ&A 1085問改訂版
プロのレセプト・チェック技術(2007年版)
■ 検査
外来の実日数より、検査回数が超えてしまう場合について
腫瘍マーカーについて
腫瘍マーカーとは
腫瘍マーカーの算定について
他院行った心電図検査などの、診断のみ行った場合
細菌薬剤感受性検査について
細菌薬剤感受性検査を算定する場合の注意事項
超音波検査法について
超音波検査を2回以上実施した場合について
超音波検査の部位について
超音波検査Q&A
「複数月に1回」と規定されている検査の主なもの
甲状腺自己抗体検査について
ヘリコバクター・ピロリ菌の感染診断について
ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌前の感染診断について
ヘリコバクター・ピロリ菌の検査実施点数(2004年4月現在)
ヘリコバクター・ピロリ除菌について
ヘリコバクター・ピロリ除菌剤の組み合わせ
ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌後の感染診断について(除菌判定)
除菌治療後の潰瘍治療について
潰瘍治療中の患者に対するピロリ菌感染診断検査
内視鏡下生検法で検体を採取した時
病理組織顕微鏡検査の算定について
PSA精密測定の算定について
PSA精密測定を算定するにあったての注意事項
PSA精密測定のレセプト記載例
外来迅速検体検査加算
MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)検査の保険請求について
骨塩定量検査について
検体検査判断料が包括される場合、されない場合
過去のQ&A検査
医療事務おすすめ本
医療事務求人情報
その他
▲このページのトップへ戻る 
※当サイトでの情報は、個々の判断によりご活用ください。
当サイトの情報に関する責任は一切負いかねます。
Copyright c 2004- [医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあと〜初心者向け医療事務講座] All rights reserved
医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ医療事務の求人情報も掲載