医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ医療事務の求人情報も掲載
医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあと〜初心者向け医療事務講座

医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあと〜医療事務講座
細菌薬剤感受性検査について

医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座と、医療事務の仕事探しに役立つ医療事務の求人情報をご紹介しています。
医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあとHOME医療事務講座インデックス≫細菌薬剤感受性検査について
スポンサード リンク
細菌薬剤感受性検査について
細菌薬剤感受性検査は、培養同定検査によって同定された菌種のうち、実際に細菌薬剤感受性検査を行った菌種の数によって算定する。

つまり細菌薬剤感受性検査は、菌が検出できなかった場合は算定できません

ということは、レセプト上「月をまたいで細菌薬剤感受性検査を請求する場合」が出てきますよね。
その場合は、実日数が「0日」となり、レセプト摘要欄に「前月に培養同定検査を実施」したことを記入しましょう。(ただし、検体検査判断料は算定できません)
後日、細菌薬剤感受性の検査料だけを徴収するのに、疑問を持たれる患者さんがいるかもしれません。
勤務先では、前もってこんな文書を患者さんに渡し、説明を行っています。
細菌培養同定検査を行い、細菌薬剤感受性検査を行う可能性が高い患者さんに渡すための文書の見本
Wordで作成していますので、医院名等を変更していただいてご利用下さい。
(A4サイズで見開きに2枚の文書が印刷されます。真ん中で切ってお使いください)
細菌薬剤感受性検査を算定する場合の注意事項
細菌薬剤感受性検査を算定する場合の注意事項として、次のようになっています。

実日数「1日」で細菌感受性検査を請求する場合には、明細書の摘要欄に患者が再度来院しなかった旨を注記する。

また月またぎ(細菌培養同定検査実施後に菌が検出され、細菌薬剤感受性検査の報告が翌月となった場合)の請求方法として以下のようになっています。

@翌月に再診がなかった場合、診療実日数は「0日」とし、細菌薬剤感受性検査の実施料のみ算定する。(前月に細菌培養同定検査を行なったことの注記が必要)検体検査の判断料は細菌培養同定検査の際に算定しているので算定不可)

A翌月再診があったが他の検査が行なわれなかった場合についても、細菌薬剤感受性検査の実施料のみ算定し、検体検査判断料は算定できない。
細菌薬剤感受性関連の質問
Q:細菌薬剤感受性テストをしていれば、必ず嫌気性培養をしていると聞いたのですが、それで良いのでしょうか?
培養同定検査をして、菌が確定した場合、細菌薬剤感受性テストを算定できますか?菌が確定したという事は、嫌気性培養まで行っているという事でしょうか?
細菌感受性検査と嫌気性培養とは全くべつのものです。
細菌培養同定検査というものは、菌があるのかどうか・ある場合にはその菌の種別を同定させるものです。
そして菌があった場合に、その菌に対してどの抗生物質が感受性(効く)があるのかを調べ、投与する薬剤を判断します。
その菌を培養(菌を繁殖しやすい状況にして繁殖させる)する際に、例えば喀痰などは常に空気に触れているため、培養は温度や湿度、繁殖しやすい培地(繁殖させるお皿に栄養を塗りこんだもの)で行います。しかし、通常は空気に触れていないもの、例えば血液や穿刺液などの場合は特別な方法によって行う必要があり、それを嫌気性培養といいます。
従って、嫌気性培養と感受性検査は全くべつもので、嫌気性培養は検体と関係しています。
保険請求用の検査の本とか職場にありませんか?保険請求のことを理解するのも必要ですが、医療の中身についても調べて覚えていくと自分のものになりますよ。そういった本なども読んで頑張ってください。 菌が確定して、感受性テストを行っていれば算定できます。ただし、菌の検出=感受性テストではありませんので、細菌検査の場合には検査センターからの検査結果を必ず確認してください。(嫌気性培養を行っているかどうかも書かれていると思います。)
(投稿者 レセおじさん)
療事務関連本 売り上げベスト3
今日の治療薬(2007年版)
診療報酬請求事務早引きQ&A 1085問改訂版
プロのレセプト・チェック技術(2007年版)
■ 検査
外来の実日数より、検査回数が超えてしまう場合について
採血料(血液採取)について
腫瘍マーカーについて
腫瘍マーカーとは
腫瘍マーカーの算定について
他院行った心電図検査などの、診断のみ行った場合
超音波検査法について
超音波検査を2回以上実施した場合について
超音波検査の部位について
超音波検査Q&A
「複数月に1回」と規定されている検査の主なもの
甲状腺自己抗体検査について
ヘリコバクター・ピロリ菌の感染診断について
ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌前の感染診断について
ヘリコバクター・ピロリ菌の検査実施点数(2004年4月現在)
ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌後の感染診断について(除菌判定)
除菌治療後の潰瘍治療について
潰瘍治療中の患者に対するピロリ菌感染診断検査
内視鏡下生検法で検体を採取した時
病理組織顕微鏡検査の算定について
内視鏡検査における注意事項(胃カメラ、大腸ファイバー)
病理組織等を採取した場合
ポリープを切除した場合の検体採取料
フィルム料の請求をお忘れなく
大腸ファイバーの逓減にご注意
PSA精密測定の算定について
PSA精密測定を算定するにあったての注意事項
PSA精密測定のレセプト記載例
外来迅速検体検査加算
MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)検査の保険請求について
骨塩定量検査について
検体検査判断料が包括される場合、されない場合
過去のQ&A検査
医療事務おすすめ本
医療事務求人情報
その他
▲このページのトップへ戻る  
※当サイトでの情報は、個々の判断によりご活用ください。
当サイトの情報に関する責任は一切負いかねます。
Copyright c 2004- [医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあと〜初心者向け医療事務講座] All rights reserved
医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ医療事務の求人情報も掲載