MENU

在宅酸素療法指導管理料

在宅で酸素療法を行っている患者に対して算定できます。使用しているボンベ及び装置に対して、それぞれ加算ができます。

 

在宅酸素療法指導管理料を算定する際、レセプトの摘要欄に動脈血酸素濃度分圧(PaO2)又は動脈血酸素飽和度の数値を記載しないといけません。
(※数値について、在宅酸素療法開始時のみ満たせば、それ以降は基準値を満たさなくても必要と判断されれば算定できますので、安心して下さい。)

 

在宅酸素療法指導管理料を算定している患者に対して行った D223経皮的動脈血酸素飽和度測定の費用は算定できませんが、D007「29」血液ガス分析の費用は算定できます。

スポンサード リンク

在宅酸素療法指導管理料を算定できる主な病名

チアノーゼ型先天性心疾患の場合

ファロー四徴症,大血管転位症,三尖弁閉鎖症,総動脈幹症,単心室症などのチアノーゼ型先天性心疾患患者

その他の場合
高度慢性呼吸不全例※主な病名として慢性閉塞性肺疾患(肺気腫、慢性気管支炎)、肺結核後遺症、間質性肺炎、肺がん
肺高血圧症
慢性心不全

慢性心不全患者に対して在宅酸素療法指導管理料を算定する場合

「慢性心不全患者のうち,医師の診断により,NYHAV度以上であると認められ,睡眠時のチェーンストークス呼吸がみられ,無呼吸低呼吸指数(1時間当たりの無呼吸数及び低呼吸数をいう。)が20以上であることが睡眠ポリグラフィー上確認されている症例とする。」という規定があるため、慢性心不全で摘要になった患者については「睡眠ポリグラフィーの検査を実施していること」が算定の要件となっています。したがって、初回月のみレセプトに「終夜睡眠ポリグラフィーの実施日と無呼吸指数」を記載しておく必要があります。

在宅療養指導管理材料加算について(平成24年4月改定)

在宅酸素療法や、在宅持続陽圧呼吸療法については、一般的に月に1回の療養上の指導を行っているが、患者の体調等の医学的な理由により外来受診ができなかった場合には、月をまたいでの受診となることがあると指摘されていることから、在宅療養指導管理材料加算について、複数月分の材料加算を1月で算定できることとする。

 

C158 酸素濃縮装置加算
  1. チアノーゼ型先天性心疾患の患者に対して指導管理を行った場合は、酸素濃縮装置加算は別に算定できない。
  2. 同一患者に対して酸素ボンベ(携帯用酸素ボンベを除く。)、酸素濃縮装置及び設置型液化酸素装置を併用して在宅酸素療法を行った場合又は携帯用酸素ボンベ及び携帯型液化酸素装置を併用して在宅酸素療法を行った場合は、合わせて2月に2回に限り算定する。
  3. 携帯用酸素ボンベ及び携帯型液化酸素装置を併用して在宅酸素療法を行った場合は、合わせて2月に2回に限り算定する。
C159 液化酸素装置加算
  1. チアノーゼ型先天性心疾患の患者に対して指導管理を行った場合は、液化酸素装置加算は別に算定できない。
  2. 液化酸素装置加算を算定する場合、設置型液化酸素装置から携帯型液化酸素装置へ液化酸素の移充填を行う場合の方法、注意点、緊急時の措置等に関する患者への指導が必要である。この場合、「設置型液化酸素装置」とは、20〜50リットルの内容積の設置型液化酸素装置のことをいい、「携帯型液化酸素装置」とは、1リットル前後の内容積の携帯型液化酸素装置のことをいう。なお、使用した酸素の費用及び流量計、加湿器、チューブ等の費用は加算点数に含まれ、別に算定できない。
  3. 設置型液化酸素装置に係る加算と携帯型液化酸素装置に係る加算とは併せて算定できるが、それぞれ2月に2回に限り算定する。
  4. 同一患者に対して酸素ボンベ(携帯用酸素ボンベを除く。)、酸素濃縮装置及び設置型液化酸素装置を併用して在宅酸素療法を行った場合は、合わせて2月に2回に限り算定する。
  5. 携帯用酸素ボンベ及び携帯型液化酸素装置を併用して在宅酸素療法を行った場合は、合わせて2月に2回に限り算定する。

在宅酸素療法材料加算(平成28年新設)

新設された在宅酸素療法材料加算はどのような条件で算定が可能なのでしょうか?現在、在宅酸素療法指導管理料、酸素ボンベ加算、酸素濃縮装置加算、呼吸同調式デマンドバルブ加算を算定中の場合、この他に材料加算も算定可能ということでしょうか?
どうやら「酸素吸入に使用するカヌーラやホースなど」といった消耗部品のようです。

これに伴い当院では在宅機器メーカーとの契約内容を変更することになってます。
(回答者 ぽちさん)

在宅酸素療法指導管理料 Q&A

特養配置の診療所です。在宅酸素療法用濃縮装置を設置し、酸素吸入をしなくてはならない入所者ができました。

もちろん、在宅酸素療法指導管理料は請求できません。この場合、 酸素濃縮器(設置用)加算は、請求できるのでしょうか?また、
 酸素吸収     65×1
 酸素加算(単価×使用量×補正率÷10)
についても、請求できるかどうか教えてください。

通知の「特別養護老人ホーム等における療養の給付の取扱いについて」では

 

配置医師が算定できないものは、「第2部在宅医療−第2節在宅療養指導管理料 」の「第1款在宅療養指導管理料 」です。

 

「 第2款 在宅療養指導管理材料加算」は、算定できます。

 

酸素吸入については、本来、「在宅酸素療法指導管理料」を算定している場合に算定できないものですが、「酸素吸入」に関する通知では

 

『(2) 区分番号「C103」在宅酸素療法指導管理料又は区分番号「C107」在宅人工呼吸指導管理料を算定している患者(これに係る在宅療養指導管理材料加算のみを算定している者を含み、入院中の患者を除く。)については、酸素吸入及び突発性難聴に対する酸素療法の費用は算定できない。』

 

「在宅療養指導管理材料加算」のみを算定している場合も算定できないと考えるべきでしょう。

 

この場合には酸素も算定できません。(また、特養での酸素吸入は、在宅に設置されているものですので別に算定できません。)
(回答者 山さん)

 

在宅人工呼吸指導管理料を算定している患者さんに加湿器に使用する注射用水は薬剤として算定できるのでしょうか?

現在は、機器に使用するものと考え算定はしておりませんが、患者の加湿に使用しているのであれば、算定しても良いのではないか?という意見もあり、調べているところです。

これは各県によって意見が分かれるかもしれません。

注射用水というくらいですから、薬剤の希釈等に使用した場合に適応があります。いわゆる適応外使用となりますので、請求しても査定されるという覚悟で算定してみてはいかがでしょうか?
(回答者 ヒロピーさん)

 

癌の患者様が呼吸苦で在宅にて酸素投与した場合、在宅酸素療法指導管理料は算定できるのでしょうか?その場合の病名はどのようになりますか?急性呼吸不全でも良いのでしょうか?
病名は必ず必要です。

そうですね〜、なぜ在宅酸素を算定したかという、その病名を記載すればいいでしょう。たとえば、ガンの既往がありそれによる?呼吸不全なり、肺転移なりあったわけですよね?ただのガンという病名だけでは在宅酸素は算定しないでしょうから。
呼吸不全があったならそれでいいと思いますよ。
病名は必ず必要です。
ただし「急性呼吸不全」で、在宅酸素は通らないと思います。
急性というところから一過性のもの?と判断されるでしょう。ただの酸素吸入でいいんでは?と思われると思います。
呼吸不全を謳うなら「慢性」でないと在宅酸素は難しいでしょう。
(回答者 ヒロピーさん)

 

ヒロピーさんのおっしゃるとおりだと思います。
呼吸不全ならば「慢性呼吸不全」及びその原疾患(呼吸器疾患が主だと思います)があることが必要だと思います。
(回答者 ぽちさん)

 

在宅酸素をされている方で、酸素濃縮装置加算を毎月算定している患者さんがいらっしゃいます。

前年度まで毎月加算を取っていました。
今回の改正で、この加算は、2月に2回に限り加算するとあります。
今までとの違いをどう解釈すればよいのでしょう?

「受診がなかった月の翌月に2回算定」も「翌月受診予定がないので今月2回算定」もどちらもOKです。

疑義解釈その1に出てます。
(回答者 ぽちさん)

 

訪問診療を行っている患者さんで、在宅酸素療法指導管理料を算定している方がいるのですが、

急な往診をした後に急死されたため、訪問診療をできませんでした。
この場合、管理料は往診を算定した日にするのでしょうか?
それとも、往診なので指導していないとみなされ、算定はできないのでしょうか?

あまり参考にならないかもしれませんが。

数年前の事ですが、同じ様なケースで算定したことがあります。(この時は査定されていません。)
また1日に急変し亡くなられたケースでは、酸素の会社からレンタル料を請求しないとの連絡があったこともあり算定しませんでした。
往診時に指導が出来たのか?と言われれば返答に困ってしまいますが…それ以前から継続して診療や酸素に関する指導も続けていて、必要な指示や物品も出しているのであれば算定していいのでは?と個人的には思っています。
(回答者 さくらさん)

 

在宅酸素療法をしている患者さんがいます。

朝に当院を受診し、当院で在宅療養指導料、在宅酸素療法指導管理料、酸素濃縮器加算、酸素ボンベ加算、呼吸同調式デマンドバルブ加算、在宅酸素療法材料加算(チアノーゼ型先天性心疾患以外)を算定しました。
同日に他院を受診し、別の疾患で緊急入院となった場合は在宅療養指導料、在宅酸素療法指導管理料、酸素濃縮器加算、酸素ボンベ加算、呼吸同調式デマンドバルブ加算、在宅酸素療法材料加算などは算定できないのでしょうか?

当月中に使用実績があれば算定して問題ないと考えます。

(回答者 ぽちさん)

 

在宅酸素療法指導管理料を算定している患者さんが外来受診なく、入院となりその月に死亡退院となりました。

そんな時管理料算定はどのようにすれば良いですか?
(2017/3/1)

当月に診察が伴わなければ算定不可ですよね。

きっとその月は業者への支払も発生しませんよね?(契約によるのかな?)

 

どうしても算定と考えるならば、先月分のレセプトを返戻して、3月に3度までルールを適用させ、材料加算のみ算定というのも可能なのかな?
(回答者 himさん)

 

※上記の質問と解答に関しての質問

横からすみません、質問です。
自分は文章理解力が劣るので恐縮なのですが、
・平成29年1月 外来で在宅酸素療法指導管理料+材料加算
・平成29年2月 外来で在宅酸素療法指導管理料+材料加算
・平成29年3月 外来未受診で入院となり3月中に死亡
という流れだと、3月分の外来レセでは在宅酸素療法指導管理料も材料加算も算定できないと思います。
材料加算というのは、『加算』という言葉のとおり、主体となる管理料(=在宅酸素療法指導管理料)を算定することが前提で、プラスアルファとして材料加算も算定できるものだと思っていました。つまり
 ○在宅酸素療法指導管理料+材料加算
 ×材料加算のみ
ここで、いまいちよくわからないのが「機器を使用した場合に3月に3回算定可」という意味です。たとえば上記例で2月に3回外来受診があった場合、
 平成29年2月1日 在宅酸素療法指導管理料+材料加算
 平成29年2月10日 材料加算のみ
 平成29年2月25日 材料加算のみ
というような算定が可能という意味なのでしょうか?
普通は機器を患者さんは使用すると思うので、在宅酸素療法指導管理料を算定した場合、その日に同時に(セットで)材料加算を算定するものと思うのですが・・・「材料加算は3月に3回」という意味がよくわかりません。
で、意味が良くわからないので「どうしても算定と考えるならば、先月分のレセプトを返戻して、3月に3度までルールを適用させ、材料加算のみ算定というのも可能なのかな? 」という意味もちんぷんかんぷんで・・・(2017/3/22)

在宅酸素の三ヶ月に三回というのは基本的には救済措置ということから説明します。在宅酸素は基本的には診察しないと算定できませんしかし自堕落な患者さんが受診せず一月来なくて算定できず業者に払うレンタル代(二万ぐらい)だけが出ていき病院が発狂するという事態が頻発していました。そこで厚労省が仕方ないからスキップした次の月にまとめて請求したら材料費だけでも払いましょうといって始めたのがこの制度です。つまりお二人はこれに準じた事態にどうやって回収するか相談してたというわけです。ちなみに日付は分けなくて大丈夫です。あとまとめて請求するときはコメントは必要です

(回答者 ゆうさん)

スポンサード リンク
医療事務作業補助者 レセプトチェック講座

在宅酸素療法指導管理料関連ページ

在宅療養指導管理料の基本的な算定方法
在宅療養指導管理料の基本的な算定方法に関する医療事務解説ページ。医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ情報サイト
異なる医療機関でそれぞれ異なる在宅療養指導管理
異なる医療機関でそれぞれ異なる在宅療養指導管理に関する医療事務解説ページ。医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ情報サイト
在宅自己注射指導管理料
在宅自己注射指導管理料に関する医療事務解説ページ。医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ情報サイト
在宅自己注射指導管理料関連Q&A
在宅自己注射指導管理料関連Q&Aに関する医療事務解説ページ。医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ情報サイト
血糖自己測定
血糖自己測定に関する医療事務解説ページ。医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ情報サイト
注入器用注射針加算院内と院外どちらがお得?
注入器用注射針加算院内と院外に関する医療事務解説ページ。医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ情報サイト
インスリン製剤以外の自己注射患者へのインスリン(IRI)検査
インスリン製剤以外の自己注射患者へのインスリン(IRI)検査に関する医療事務解説ページ。医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ情報サイト
サンドスタチン皮下注用の24時間持続皮下注投与
サンドスタチン皮下注用の24時間持続皮下注投与に関する医療事務解説ページ。医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ情報サイト
トルリシティ皮下注の在宅自己注射管理料
トルリシティ皮下注の在宅自己注射管理料に関する医療事務解説ページ。医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ情報サイト
在宅中心静脈栄養法指導管理料
在宅中心静脈栄養法指導管理料に関する医療事務解説ページ。医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ情報サイト
在宅成分栄養経管栄養法指導管理料
在宅成分栄養経管栄養法指導管理料に関する医療事務解説ページ。医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ情報サイト
在宅自己導尿指導管理料
在宅自己導尿指導管理料に関する医療事務解説ページ。医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ情報サイト
在宅人工呼吸指導管理料
在宅人工呼吸指導管理料に関する医療事務解説ページ。医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ情報サイト
在宅持続陽圧呼吸療法指導管理料
在宅持続陽圧呼吸療法指導管理料に関する医療事務解説ページ。医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ情報サイト
在宅悪性腫瘍患者指導管理料
在宅悪性腫瘍患者指導管理料に関する医療事務解説ページ。医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ情報サイト
FOLFOX療法の算定方法
FOLFOX療法の算定方法に関する医療事務解説ページ。医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ情報サイト
在宅寝たきり患者処置指導管理料
在宅寝たきり患者処置指導管理料に関する医療事務解説ページ。医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ情報サイト
濃厚流動食を経管で投与する場合
濃厚流動食を経管で投与する場合に関する医療事務解説ページ。医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ情報サイト
在宅自己腹膜灌流指導管理料
在宅自己腹膜灌流指導管理料に関する医療事務解説ページ。医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ情報サイト
介護老人保険施設施設材料費
介護老人保険施設施設材料費に関する医療事務解説ページ。医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ情報サイト
在宅で支給した特定保険医療材料
在宅で支給した特定保険医療材料に関する医療事務解説ページ。医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ情報サイト