医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ医療事務の求人情報も掲載
医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあと〜初心者向け医療事務講座

医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあと〜医療事務講座
悪性腫瘍特異物質治療管理料について

医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座と、医療事務の仕事探しに役立つ医療事務の求人情報をご紹介しています。
医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあとHOME医療事務講座インデックス≫悪性腫瘍特異物質治療管理料
スポンサード リンク

悪性腫瘍特異物質治療管理料について

悪性腫瘍特異物質治療管理料は、悪性腫瘍であると既に確定診断された患者について腫瘍マーカー検査を実施、計画的な治療管理を行った場合に、月一回算定できます。

1回目の算定月に初回加算が算定できるが、前月に腫瘍マーカー検査を実施している場合は初回加算が算定出来ません。

なお悪性腫瘍特異物質治療管理料には、検査に係る費用が含まれているので、採血料も削らなければいけません!
それがたとえ「他の血液検査を同時に行っていても」です!!
よくあるのが、「悪性腫瘍物質治療管理料を算定する検査(腫瘍マーカー検査)と同日に抹消血液一般等の検査を行う場合」です。
腫瘍マーカー検査とは別に、血液検査を同時に行った場合も、採血料は悪性腫瘍物質治療管理料の「検査に係る費用に包括される」とされ、別に算定することはできません。(判断料は算定可能)
同一月でも、悪性腫瘍物質治療管理料を算定する日以外であれば(つまり検査日が別なら)、採血料は算定できます。

また、悪性腫瘍特異物質治療管理料には、検査実施費用および生化学U判断料が含まれています。しかし、腫瘍マーカー以外の生化学Uの検査を行った場合は、生化学Uの判断料を算定することができます。
悪性腫瘍特異物質治療管理料でよくある質問
Q:胃癌で胃全摘した人が悪性腫瘍の検査をした場合、それは指導料で算定したらいいのでしょうか、それとも検査として算定したらいいのでしょうか。
A::いったん癌になってしまったら「術後」であっても腫瘍マーカー検査を実施した場合「悪性腫瘍特異物質治療管理料」で算定するのが基本です。

しかし例外があります
ア 急性及び慢性膵炎に対しての「エラスターゼ 1」
イ 肝硬変、慢性B型肝炎、慢性C型肝炎、に対してのAFP、AFP精密測定、PIVKAU精密測定(月1回に限る)
ウ 子宮内膜症の検査に対してのCA125精密測定、CA130精密測定、、CA602精密測定(治療前後各1回に限る)
エ 家族性大腸腺腫症に対してのCEA精密測定


以上、ア〜エが例外事項(だいぶ略していますので、詳しくは解釈本をご覧下さい・・・)です。

(例)   胃癌術後で慢性C型肝炎を併発している場合

パターン 1・・・慢性C型肝炎に対してAFP精密測定検査を実施
  ⇒検査の部でAFP精密測定を算定する。(この場合、生Uの判断料も算定できる、静採料も算定できます!)

パターン 2・・・胃癌術後に対しCEA精密測定、慢性C型肝炎に対してAFP精密測定検査を実施
 ⇒悪性腫瘍特異物質治療管理料(1項目)をCEA精密測定に対して算定、別に検査の部でAFP精密測定を算定する。(この場合、生Uの判断料も算定できる!静採は算定できません)
パターン 3 ・・・胃癌術後に対しCEA精密測定
 ⇒悪性腫瘍特異物質治療管理料(1項目)をCEA精密測定に対して算定(生Uの判断料、静採ともに算定できない)
Q:癌切除後、転移の疑いもなくなり通院治療も中止された患者さんが、数年後に「癌の再発」で来院された場合の扱いは?
癌切除後、「治癒」と認められ通院治療を中止し、数年後の診察で「初診料」が算定できる場合は、「悪性腫瘍特異物質治療管理料」の初回加算も算定できるそうです。
Q:悪性腫瘍特異物質治療管理料の初回月加算は当該初回月の前月に腫瘍マーカーをしている場合は算定できませんが、この『前月』とは先月のことをいいますか?それとも以前の月をさしますか?
「当該加算を算定する月の一つ前の月」と理解しておりました。
もし、Aの解釈であるならばいったいどこまで遡るのでしょう?
そもそも、この加算は「診断月については多項目の腫瘍マーカーを複数回必要とすることが考えられる」為にあるので、診断に必要とした複数回の腫瘍マーカーが月をまたがってしまうことが考えられることから、このような「注」が記されているのだと思います。
(回答者 ぽちさん)
療事務関連本 売り上げベスト3
今日の治療薬(2007年版)
診療報酬請求事務早引きQ&A 1085問改訂版
プロのレセプト・チェック技術(2007年版)
医学(指導)管理料関連ページ
同一月に算定できない指導管理料等の一覧表
特定疾患療養管理料について
ウイルス疾患指導料について
特定薬剤治療管理料について
慢性疼痛疾患管理料について
小児科外来診療料について
平成18年4月からの診療情報提供料
診療情報提供料(T)が算定できる医療機関以外の情報提供先施設
薬剤情報提供料について
傷病手当金意見書交付料について
無償(無料)で交付しなければならない証明書について
はり、きゅう、あんまに係る療養費の取り扱い
生活習慣病指導管理料について 
ニコチン依存症管理料について(Q&A) 
指導管理料項目の過去医療事務Q&A
▲このページのトップへ戻る  指導管理料の項目の過去のQ&Aを見る
※当サイトでの情報は、個々の判断によりご活用ください。
当サイトの情報に関する責任は一切負いかねます。
医療事務おすすめ本
医療事務求人情報
その他
Copyright c 2004- [医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあと〜初心者向け医療事務講座] All rights reserved
医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ医療事務の求人情報も掲載