医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ医療事務の求人情報も掲載
医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあと〜初心者向け医療事務講座

医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあと〜医療事務講座
創傷処理の真皮縫合加算について

医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座と、医療事務の仕事探しに役立つ医療事務の求人情報をご紹介しています。
医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあとHOME医療事務講座インデックス≫創傷処理の真皮縫合加算について
スポンサード リンク

創傷処理の真皮縫合加算について

真皮縫合とは、縫合の跡を目立たなくするために行われます。

露出部(顔面、頸部、上肢にあたっては肘関節以下、下肢にあたっては膝関節以下(※足底部を除くに)に対して、創傷処理を行った場合に算定できます。

ただし露出部においても、算定できる部位とできない部位とがあります。

<真皮縫合加算の算定できる部位>
前額部、耳介部、鼻尖、赤唇、手背、足背

<真皮縫合加算の算定できない部位>
頭部、手掌、足底部、踵、指、趾、眼瞼

なぜ、指は「真皮縫合加算」が算定できないのでしょうか?
皮膚は、表面より表皮・真皮に分けられます。
真皮には血管・神経(知覚神経)・筋肉(起毛筋)・皮脂腺・毛根が存在しています。
表在感覚(知覚)が不可欠な指において、この部分の損傷瘢痕形成はできるだけ最小限にすべきです。
真皮層に瘢痕を遺残する真皮縫合は、むしろ有害です。
指の背側面においては、真皮層が薄いため、真皮縫合は、手技上不可能です。
(社会保険支払基金より)
なぜ、頭部は「真皮縫合加算」が算定できないのでしょうか?
真皮縫合は縫合痕を目立ちにくく縫う方法であり、露出部において算定可能である。頭部の被髪部位は通常縫合痕が目立つ部位ではないため、真皮縫合の加算は適当とはいえない。
(社会保険支払基金より)
なぜ、踵は「真皮縫合加算」が算定できないのでしょうか?
真皮縫合は縫合痕を目立ちにくく縫う方法であり、露出部において算定可能である。踵(かかと)は通常縫合痕が目立つ部位ではないため、真皮縫合の加算は適当とはいえない。
(社会保険支払基金より)
■ 手術
 ├創傷処理、皮膚切開術を麻酔なしで行った場合
 ├鎖骨骨折について
 ├骨折整復と脱臼整復を同時に行った場合
 ├1指ごとに算定できる手術
 ├トリガーポイント注射について
 ├消炎鎮痛処置とトリガーポイント注射の併算について
 ├ペンレスの保険請求について
 └手術の項目の過去のQ&A
医療事務おすすめ本
医療事務求人情報
その他
▲このページのトップへ戻る  
※当サイトでの情報は、個々の判断によりご活用ください。
当サイトの情報に関する責任は一切負いかねます。
Copyright c 2004- [医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあと〜初心者向け医療事務講座] All rights reserved
医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ医療事務の求人情報も掲載