医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ医療事務の求人情報も掲載
医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあと〜初心者向け医療事務講座

医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあと〜医療事務講座
外来迅速検体検査加算Q&A

 このページでは、外来迅速検体検査加算について、
関連情報をQ&Aでまとめてみました。
あなたの疑問も解決できますように!ぜひ、ご活用ください。
医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあとHOME医療事務講座インデックス検査≫外来迅速検体検査加算
スポンサード リンク
医療事務おすすめ本
医療事務求人情報
その他
外来迅速検体検査加算とは
入院中の患者以外の患者(いわいる外来患者)に対して実施した検体検査であって、別に厚生労働大臣が定めるものの結果について、検査実施日のうちに説明した上で文書により情報を提供し、当該検査の結果に基づく診療が行われた場合に、5項目を限度として、検体検査実施料の各項目の所定点数にそれぞれ5点を加算できます。
外来迅速検体検査加算が算定できる検査
外来迅速検体検査加算が算定できる検査項目は、こちら
↓↓↓

厚生労働大臣が定める検査項目(別表第九の二)
区分番号 検査項目
D000 尿中一般物質定性半定量検査
(院内で行った場合に算定)
D002 尿沈渣顕微鏡検査
(院内で行った場合に算定)
D003
糞便検査
8.ヘモグロビン定量
D005 血液形態・機能検査
1.赤血球沈降速度測定
(院内で行った場合に算定)
6.末梢血液一般検査
9. ヘモグロビン A1c(HbA1c)
D006 出血・凝固検査
1.プロトロンビン時間測定
11.線維素分解産物(FDP)測定
15.D-Dダイマー定量
D007 血液化学検査
1.総ビリルビン
1.総蛋白
1.アルブミン
1.尿素窒素(BUN)
1.クレアチニン
1.尿酸
1.アルカリフォスファターゼ
1.コリンエステラーゼ (ChE)
1.γ-グルタミールトランスペプチダーゼ (γ-GTP)
1.中性脂肪
1.Na及びCl
1.K
1.Ca
1.グルコース
1.乳酸脱水素酵素(LDH)
1.クレアチン・フォスフォキナーゼ(CPK)
4.HDL-コレステロール
4.総コレステロール
4.グルタミック・オキサロアセティック・トランスアミナーゼ(GOT)
4.グルタミック・ピルビック・トランスアミナーゼ(GPT)
5.LDL-コレステロール
14.グリコアルブミン
D008 内分泌学的検査
7.甲状腺刺激ホルモン(TSH)精密測定
10.遊離サイロキシン(FT4)精密測定
10.遊離トリヨードサイロニン(FT3)精密測定
D009 腫瘍マーカー
2.癌胎児性抗原(CEA)精密測定
2.α-フェトプロテイン(AFP)精密測定,
5.PSA精密測定
6.CA19-9精密測定
D015 血漿蛋白免疫学的検査
1.C反応性蛋白(CRP)定量
D017 排泄物,滲出物又は分泌物の細菌顕微鏡検査
3.その他のもの
この表を簡単に印刷できます。
↓↓↓
厚生労働大臣が定める検査項目(別表第九の二)

 ※時間外緊急院内加算を算定した日に、外来迅速検体検査加算の算定はできません!
2006年の改正で、新しく追加された項目です。
発表された当初は「院内で実施される場合のみ」という解釈でした。
しかしふたを開けてみれば、「外注で検査を行っていても、当日中に検査結果を患者さんに報告でき、その後の診療に使うといことならOK」という解釈になっている模様。
スポンサード リンク
Q:「すべての検査項目について、同日中に結果を報告する」とあります。同日中に結果が出るものと出ないものが混在する場合は、すべての検査項目について加算ができないのでしょうか?
外来迅速検体検査加算は、すべての検査について、同日中に結果を報告した場合に算定できる加算です。
つまり外来迅速検体検査加算は、同日中に結果が出るものと出ないものが混在する場合に、算定はできません。
Q:外来迅速検体検査加算を算定する時、算定できない項目(例えば 心筋トロポニンT)と一緒に検査をしたときは算定不可の項目以外で算定してよいですか?
例えば 末梢血液一般、心筋トロポニンTを検査した場合 外来迅速検体検査加算は1項目の1点とれますか?
社会保険事務局に以下のような質問をしたことがあります。
Q:外来迅速検体検査加算が算定できない「インフルエンザウイルス抗原精密測定」と外来迅速検体検査加算が算定できる血液検査を同日に行い、全ての結果を患者様に文書で交付した場合は、血液検査に対して外来迅速検体検査加算の算定はできますか?
A:全ての結果が当日中に出て、患者に文書で交付(インフルエンザウイルス抗原精密測定の検査結果も含め)したなら算定できる。
心筋トロポニンTに対しても同様に解釈して、「全ての検査結果を患者に文書で交付」していれば可能かと思われます。
Q:当日中に結果を説明し文書により情報を提供する場合の文書については、様式等の定めはありますか?
患者に対して説明を行うために十分なものであれば、特に規定はありません。(コピーでも可)
ただし、必要な事項が記載されていて、当日行った検査のすべての結果が記載されていることが必要です。
Q:院内処理する検査と外注検査が混在する場合、院内処理する検査のみ要件を満たせば算定できますか?
当日、当該医療機関で実施を指示したすべての検体検査について、要件を満たすことが必要です。
ただし、要件を満たせば外注検査に対しても加算できます。
Q:午前に検査を実施し、一旦帰宅し、午後に検査説明及び治療を行った場合、外来迅速検体検査加算を算定することはできますか?
要件を満たせば算定できます。
なお、午前の初診又は再診に付随する一連の行為とみなされる場合には、午後、別に再診料又は外来診療料は算定できません。
Q:深夜の救急医療において、午前0時前に救急受診した患者に、直ちに検体検査を実施し、引き続き当該検体検査の結果に基づく診療を行いました。この時すでに午前0時を過ぎていた場合(日付が変わった)にも、外来迅速検体検査加算は算定できますか?
一連の診療の範囲内であれば、算定できます。
ただし、時間外緊急院内検査加算(110点)を算定した場合には、外来迅速検体検査加算は算定できません。
Q:外来迅速検体検査加算は、1項目につき1点とあります。1日につき5項目までですか?1月につき5項目までですか?
1日につき5項目までです。
Q:同一日に同じ検査を2回以上行った場合、それぞれ外来迅速検体検査加算を、算定することは可能ですか?
医学的に必要があり、検体検査実施料がそれぞれ算定できる場合には、あわせて1日5項目を限度として、それぞれ算定できます。
Q:同日に複数診療科を受診して、それぞれ検査を行った場合は、別々に算定できますか?
複数科で行われるすべての検体検査について、要件を満たす場合には、併せて1日5項目を限度として算定できます。
Q:外来診療科以外の、検体検査の包括された項目を算定していて、検体検査実施料を算定できない場合、外来迅速検体検査加算を算定できますか?
算定できません。
Q:外来迅速検体検査加算は、「試験紙法・アンプル法・固定化酸素電極による血中ケトン体・糖・クロール検査」に対しては算定できないとあります。グルコースには、算定できますか?
算定できます。
Q:D007 血液化学検査等の(注)の場合など、項目数で包括点数になるものや、「主たる点数のみ算定」などの規定のあるものは、請求点数がなくても各々1項目として点数が加算できますか?
項目数で包括点数になるもの
それぞれ1項目ごとに外来迅速検体検査加算ができる
主たる点数のみ算定するもの
主たる点数についてのみ外来迅速検体検査加算ができる
Q:D015 特異的IgEは特異抗原1種類ごとに所定点数を算定できますが、1種類ごとに外来迅速検体検査加算を算定することができますか?
算定できます
Q:D019 細菌薬剤感受性検査を実施した場合には、1菌種ごとに外来迅速検体検査加算ができますか?
菌種数にかかわらず、1回の加算。
Q:1日2回採血・検査を行い、それぞれ検査結果に基づく診療を行った場合、それぞれ5項目(合計10項目)の加算ができますか?
1日単位で5項目(5点)を、限度としています。そのため10項目(10点)は、算定できません。
Q:末梢血液一般検査のように、いくつかの検査(赤血球、白血球、Hb、Ht、血小板)を包括している場合、包括されている項目数(この場合は5項目=5点)に対して加算できますか?
包括されている項目数ではなく、算定点数の項目ごとに算定します。
上記の場合は、1項目1点の加算しかできません。
Q:生化学検査を5項目以上行った場合は、点数は多項目包括規定による点数(この場合、5項目で102点)を1回算定します。この場合は、1項目1点の外来迅速検体検査加算しかできませんか?
多項目包括規定の点数を算定する場合は、算定点数ごとではなく、実際に行った検査項目数に加算ができます。上記の場合は、5点加算できます。
Q:アデノウイルス迅速検査キット、A群β溶連菌迅速検査のキットなどを使い検査を実施した場合は、外来迅速検体検査加算はできますか?
告示により算定できない検査に含まれていないので、算定可能です。
Q:即入院の場合にも、外来迅速検体検査加算できますか?
現に入院中の患者については、算定できません。
ただし「外来を受診した患者に対し、迅速に実施した検体検査の結果、入院の必要性を認めて、引き続き入院となった場合」は算定可能です。
Q:外来迅速検体検査加算の算定要件に「検査結果を患者に書面で交付する」とあります。患者さんが所持している健康手帳などに検査データーを記入した場合は、算定要件を満たしたことになりますか?
すべての検査結果を、手帳に記入した場合ではOK。
一部のみの記入だけでは、算定できません。
療事務関連本 売り上げベスト3
今日の治療薬(2007年版)
診療報酬請求事務早引きQ&A 1085問改訂版
プロのレセプト・チェック技術(2007年版)
■ 検査
外来の実日数より、検査回数が超えてしまう場合について
採血料(血液採取)について
腫瘍マーカーについて
腫瘍マーカーとは
腫瘍マーカーの算定について
他院行った心電図検査などの、診断のみ行った場合
細菌薬剤感受性検査について
細菌薬剤感受性検査を算定する場合の注意事項
超音波検査法について
超音波検査を2回以上実施した場合について
超音波検査の部位について
超音波検査Q&A
「複数月に1回」と規定されている検査の主なもの
甲状腺自己抗体検査について
ヘリコバクター・ピロリ菌の感染診断について
ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌前の感染診断について
ヘリコバクター・ピロリ菌の検査実施点数(2004年4月現在)
ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌後の感染診断について(除菌判定)
除菌治療後の潰瘍治療について
潰瘍治療中の患者に対するピロリ菌感染診断検査
内視鏡下生検法で検体を採取した時
病理組織顕微鏡検査の算定について
内視鏡検査における注意事項(胃カメラ、大腸ファイバー)
病理組織等を採取した場合
ポリープを切除した場合の検体採取料
フィルム料の請求をお忘れなく
大腸ファイバーの逓減にご注意
PSA精密測定の算定について
PSA精密測定を算定するにあったての注意事項
PSA精密測定のレセプト記載例
MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)検査の保険請求について
骨塩定量検査について
検体検査判断料が包括される場合、されない場合
過去のQ&A検査.
 
▲このページのトップへ戻る
※当サイトでの情報は、個々の判断によりご活用ください。
当サイトの情報に関する責任は一切負いかねます。
Copyright c 2004- [医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあと〜初心者向け医療事務講座] All rights reserved
医療事務の資格を取る前や取ったあとに役立つ医療事務講座。医療事務掲示板もあり医療事務の仕事探しに役立つ医療事務の求人情報も掲載